【完全紹介制】今、亮平が最も稼いでいる副収入を教えます。

こんにちは。

渡辺亮平です。

全国退職者支援会の代表を務めています。

普段は、退職でお困りの方に向けてご相談やサポートを行っております。

なによりわたし自身が「激務」や「職場の人間関係」といったものを煩わしく感じて、弱ってしまい、仕事を辞めたひとりです。

ですが、人は何かしらの手段でお金を得ないと、生きてはいけません。「わたしと、わたしの家族くらいは自分で食べさせられないか?」を考えながら毎日を暮らしている32歳です。

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

結論から言いますと、いまわたしが副収入として取り組んでいる投資は5月26日時点(開始から約2ヶ月)で、

1日約25の配当が発生しています。

月に直すと750万円です。
信じられない額かもしれませんが、本当です。

その秘密をこれからご紹介いたします。

INDEX
  1. はじめに
  2. 投資案件「WoToken」のご紹介
  3. 投資にあたってのご注意
  4. WoTokenへの参加資格

はじめに

仮想通貨をご存知でしょうか?

また、仮想通貨に投資されてみたご経験は、ありますでしょうか?

2017年の仮想通貨ブームで、たくさんの億万長者が生まれました。

試しに10万円〜30万円を投資した会社員や、主婦や、パートタイマーが、わずか1年間足らずで資産数千万円〜1億円になりました。そこから一大仮想通貨ブームとなり、「億り人」という言葉が流行ります。

しかし、2018年1月以降に仮想通貨に参入した方は、ごくわずかな方を除いて、とても多くの損失を出しているのが現状です。

1枚100円で買ったコイン(またはトークンといいます)が、1枚1円になってしまった、といった話も良く聞きますし、わたしもその一人です。

Gacktのプロデュースする、スピンドルコインも同様の値下がりです。

こんなこともあり、2018年末の仮想通貨は「みんな損して、誰も儲からない」投資になっていました。誰もが「やっぱり仮想通貨なんてギャンブルだったんだ。あれはバブルだった」と口を揃えます。

しかし、
2019年に入り、状況がふたたび急変しました

状況の変化

・ビットコイン取引量が過去最高に
・ブロックチェーン技術が実用化に向けて急加速
・580億円のハッキング被害を受けたコインチェックが、国の登録を受けふたたび立ち上がる

これを裏付けるように、続々とニュースが流れます。

ニュースの引用

日本政府が2019年3月15日、仮想通貨に関する金融商品取引法と、資金決済法の改正を閣議決定
(COIN POST 2019/3/15)

フェイスブック社が仮想通貨の開発で2.1兆円の増収を予想
(COIN POST 2019/3/12)

SBIホールディングスの北尾会長「すべての金融サービスに、ブロックチェーンが導入される世界を作る」と表明
(COIN POST 2019/3/7)

スターバックス社が仮想通貨決済に関する開発を行っているとの報道
(COIN POST 2019/3/5)

世界的石油企業7社が「ブロックチェーン企業連合」を結成
(COIN POST 2019/3/3)

ビットコインの取引量が、歴代最高記録を更新
(COIN POST 2019/2/15)

Google社が、「ブロックチェーン技術者は将来、大量に採用される」ことを予想し準備を行っているとの報道
(COIN POST 2019/2/6)

こういった、長い冬の終わりを告げるような、非常に良いニュースが現れています。

農業、電気、IT革命に続いて「第4次産業革命」と呼ばれているブロックチェーン技術については、以下の動画でわかりやすくまとめられています。

TED

わたしは「2019年の今こそが、資産を大きく増やすチャンスなのではないか?」と考えています。

たとえば、2017年1月に「イーサリアムコイン」を10万円ぶん購入した方は、2017年12月には1470万円になりました。(147倍)

1年で100倍というと夢が大きいですが、1年で10倍なら、じゅうぶんに掴める市場に、またもやなっているのではないか?と思われる根拠がだんだんと見えてきたのです。

とくに現在は、給付金を受けながら生活されている方に向けて「給付中でも堂々と受け取れる副収入」を探しておりました。

仮にいま預金口座にある20万円が、1年後に200万円になるなら、こんなに助かることはありません。200万円といえば、1年間の生活費がまかなえます。

そして今回は、実際に投資を行いながら「リスクに対して利益が大きい。これは皆さまに紹介した方がいいのではないか?」と思える投資案件にようやく巡り会えたので、ご紹介を差し上げたいと思います。

投資案件「WoToken」のご紹介

今回ご紹介するのは、WoToken(ウォートークン)という案件です。

WoToken情報

WoTokenの詳しい説明はこちら:【2019年前半】心からお勧めする投資がWoTokenです
WoTokenの開設手順はこちら:【保存版】WoToken(ウォートークン)完全登録マニュアル
WoTokenの質問ライン:ニゲドクVIP-LINEまで
亮平の紹介コード:MKKAkqQT7M

概要は、以下のとおりです。

紹介する投資案件の概要

・約12万円から始められる
・誰がやっても結果が同じ
・すぐに資金が引き出せる
・毎日配当が入るのを確認できる
・投資したお金が10倍以上になって戻ってくる期待がある

仮想通貨はまだまだ未熟な投資商品です。

「コインの価値が上がりますよ。お金が増えますよ」などと言いながら1年間も2年間もお金が引き出せないコインが大多数でした。

ですから、今回皆さんにご紹介するにあたり預けたお金がいつでも引き出せることは譲れない条件でした。

そんなとき毎日はいる配当を、毎日引き出すことができるのがWoTokenでした。これは素晴らしいと思いました。

過剰表現ではなく事実として、わたしで現在毎日、約1万5000円の配当を貰っています。

投資にあたってのご注意

仮想通貨にかかわらず、
投資にはリスクがつきものです。

リスクはゼロにはできません。
だからこそ徹底的に調べます。

その裏付けとしまして、「渡辺自身で実際に調べて、取り組んでいるもの」しかご紹介をいたしません。

ましてや仮想通貨はまだまだ「怪しい」とお考えの方も多いと思います。

しかし、わたし渡辺は顔も名前も、好き嫌いも隠さずに活動をしております。

「皆さまには誠実でありたい」という思いから、みずから精査をして、お金を投じる価値があると確信したものしか、ご紹介をしません。

WoTokenへの参加資格

WoTokenへの参加は会員、非会員のどなた様でもご参加いただけます。

ただし、WoTokenは、ご自身で「ビットコイン」か「イーサリアム」を購入できる方向けの内容になります。

ビットコインをはじめとする「仮想通貨の購入」は、コインチェック、Zaif、ビットフライヤーという、日本国内の取引所でできます。

現在新規口座開設を受付ている「コインチェック」で開設申し込みをしてください。
シンプルで一番使いやすい国内の取引所として有名です。

◆コインチェック(推奨)
https://coincheck.com/ja/registrations
取引アカウントというものを選んでください

わかりやすくこちらの記事にもまとめましたのでご覧ください。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

【動画もあるよ】コインチェックの開設方法から本人確認まで

【動画あり】実際にビットコインを購入するまでの全手順

ご不明点などがあれば、
ニゲドクVIP-LINEからご質問をください。

WoTokenにご興味が湧きましたら、より詳しく解説している

【2019年前半】心からお勧めする投資がWoToken(ウォートークン)です

を是非読みください。

WoToken情報

WoTokenの詳しい説明はこちら:【2019年前半】心からお勧めする投資がWoTokenです
WoTokenの開設手順はこちら:【保存版】WoToken(ウォートークン)完全登録マニュアル
WoTokenの質問ライン:ニゲドクVIP-LINEまで
亮平の紹介コード:MKKAkqQT7M