【新規参入】YouBank(ユーバンク)ウォレットに参入する理由

こんにちは!

渡辺亮平です。

You Bank(ユーバンク)というウォレットをご存知でしょうか?

かんたんに言うと

  • 資金を預けて運用するだけで、月利配当が6%〜20%ほどある
  • 出どころ不明の謎配当ではなく、実業ベースで配当を出している
  • 毎日、出金申請が可能

といった内容です。

10万円を投資すると、1ヶ月後には10万6000円〜程度になるということですね。

ここ1年間で大流行している「配当型ウォレット」ですが、Youbankは2019年5月にスマホアプリがリリースしたものの、実は歴史はもっと深く、2年以上前からYouBankは継続しているそうです。

配当型ウォレットとは?

アプリ内にお金を預ける(仮想通貨を預ける)だけで、毎日配当が得られるすごい投資アプリ。色んな会社から配当型ウォレットが出ている。ちゃんと配当が出ているアプリもある一方で、3ヶ月〜6ヶ月で配当が止まったり、元本ごと出金できず消えるアプリも多い。ちゃんと投資先を見極めないといけない。

そして今回は、このYou Bank(ユーバンク)ウォレットに参入することを決定したという報告です。

INDEX
  1. 「配当ウォレット」6ヶ月目の参入は、遅すぎないか?
  2. YouBankを遠慮していた理由
  3. しかしYouBankも「強豪」だった
  4. YouBankにはYu Lingxiong(ユーリンショウ)が付いてる
    1. ユーリンショウのものすごい経歴
  5. 口座開設数1800万突破!並ぶウォレット無し
    1. 本当に本当に5000万ユーザーも支えられるの?
  6. 世界初、デビットカード発行&出金が可能
    1. 出金停止無し、爆速で着金可能
  7. まとめ
  8. 配当型ウォレットにリスクは付きものです

「配当ウォレット」6ヶ月目の参入は、遅すぎないか?

YouBankはサービスがスタートして2年以上、アプリがスタートしてから6ヶ月目です。

こんなに時間が経過してから参戦しても、いいものなのでしょうか?

わたしは以前、次のような記事を書きました。

【必読】配当型ウォレットを始める前に必ず知ること

【2019年10月・方針の明確化】今後のウォレットの取り組み方針について

かんたんに説明すると、

  • 配当型ウォレットやるなら早いほど良い
  • 参加が遅いと出金停止に巻き込まれるかもしれないから危険
  • 早期参入、早期撤退を心がけるべし

という内容です。

この原則に従うなら、開始から6ヶ月〜2年以上も経ったウォレットをいまさら始めるのは自殺行為です。本来なら参戦すべきではありません。

ではなぜ、原則を破ってまで参加したのか。この記事で釈明をします。

赤さん
赤さん
ちょっとまって!YouBankって亮平が以前、参戦をやめたウォレットじゃない?

そうです。

覚えている方もいると思うのですが、YouBankは2019年5月に参加をしようとして、結局やめた案件でもあります。

※当時は「CIFグループ」という名前です

一度やめたものを「やっぱり始める」というのは勇気のいることでして、それも合わせて説明します。

当時の記事↓

YouBankを遠慮していた理由

2019年5月、「CIFグループ」という中国系の企業が配当型ウォレットを出そうとしていました。

CIF集団はカンボジアでビルの建設を手掛けるなど、ずば抜けた収益を上げる会社です。

カンボジアは不動産価値がたった数年で25倍に跳ね上がるなど、まさしく日本でいう「高度経済成長期」の真っただ中です。

そこにカンボジア政府関係者と合弁会社を作るまでに上り詰めたCIFグループであれば、不動産はもちろん、他の事業も非常に有利な条件で事業をさせてもらえることは明白だと思いました。

そしてセミナーにて、「CIFグループはカンボジア政府と一緒に事業してますよ。大の仲良しですよ」という写真などをたくさん見せてもらいました。

CIFセミナーでは似た写真も見ました
亮平
亮平
CIF、なかなかアツいやん!

と参戦意欲マンマンだったのですが、しかし!

そんなときに飛び込んだ情報が、CIFグループはウォレットの老舗「YouBank」に合併されるというニュースでした。

「実はYouBankの代表はCIFグループの筆頭株主だった」というウラ話付きです。

当時のYouBankは営業開始して2年以上が経過して配当が止まったこともありませんから、中国では大流行しています。

ユーザー数は脅威の1000万人越えです。

通常、配当型ウォレットはスタート初期に参入すればするほど旨味が大きいものです。

だから、

  • 「すでに年数が経過したウォレットに吸収されるのは、もう先行者利益が無いんじゃないか…」
  • 「成長しきったからこそ、CIFグループを吸収合併して運営を維持しようという意図があるんじゃないか…」
  • 「っていうか亮平はCIFに魅力を感じたのであって、YouBankって何やねん?

そんな思いがめぐり、結果として参加を見送りました

以下は当時の配信内容です。

このたび、グループへの参加方法の掲載を取り下げて、CIFへの参加を辞退いたしました。

なぜかといいますと、CIFは2019年月中旬に、販路拡大のため中国系のウォレットと提携したためです。提携といっても、事実上は吸収されたようなものだそうです。

これ自体は喜ばしいことなのですが、残念ながら「先行者利益」という観点からすると旨みが無くなりました。よって、私たちのチーム判断により、撤退を選択いたしました。

あしからずご了承ください。

ただ、今回CIFのリサーチにあたりASEAN諸国、カンボジア、ベトナムといった発展途上国に参加する意義は十分に見出しましたので、継続的にリサーチは行っていきたいと考えております。

しかしYouBankも「強豪」だった

その後も「YouBankすごいらしいですよ」という情報はたびたび耳に入っていました。

とはいえ、一度不参加したものをやり直す気持ちはありませんでした。

そんなときYouBankを始める決め手となったのが、YouBank日本トップとの会談です。

不思議なめぐり合わせで、YouBankの運営とさんざん話しているトップ中のトップと個別で話す機会がありました。

そこで聞いた話のポイントは、次のとおりです。

YouBankにはYu Lingxiong(ユーリンショウ)が付いてる

    YouBankの実質的オーナーは、俞凌雄(ユーリンショウ)という人物です。

    そして俞凌雄が途中で逃げることは考えられない」そうです。

    ユーリンショウは中国では有名な経営者で、芸能人にも近い人物です。

    彼の講演会やスピーチには、3000人以上の聴衆が集まることもあるというくらいで、俞凌雄」でGoogle検索するとプロフィールや講演の様子が出てきます。


    https://www.bilibili.com/video/av47242957?from=search&seid=14897220738151302669


    https://www.bilibili.com/video/av46863551/?spm_id_from=333.788.videocard.1

    上の画像は2011年、下は2017年当時らしく、YouBank抜きで会場が満員の様子がうかがえます。

    ユーリンショウのものすごい経歴

    中国版ウィキペディア「百度百科」からユーリンショウの経歴を翻訳し抜粋します。

    参考:https://baike.baidu.com/item/%E4%BF%9E%E5%87%8C%E9%9B%84/7893859?tab=lemma

    ※長いので、流し読みでOKです

    実業家としての経歴

    2007年:事業を開始する。参入したのは企業間連携を促すエコシステムの分野。
    2010年:3,800人の従業員と30を超える直販会社を持つ
    2012年:金融、インターネット、その他の分野への参入。「Top Ten Charm Zhe Merchants」賞を受賞。
    2015年:「三线一圈」戦略が策定。3つの主要な戦略によって、複数のエコシステムを持つグローバル経済が作成される。その先駆的なマルチエコ圏モデルは、「中国のベストビジネスモデル賞」を受賞。
    2015年には、金融の大きなエコロジカル戦略を将来のグループの中核戦略として位置付け、数兆ドルの新しいビジネスエコシステムの構築に努める。

    慈善活動

    2009年5月、Yu氏と政府は共同で「希望の集まる小学校」を設立し、9月9日に最初の希望の小学校が完成。
    2010年2月、Yu Lingxiongと青海省慈善連合は共同で慈善特別基金を設立するために2,000万元を投資し、青海省慈善連合の名誉会長に任命される。
    2010年4月、Yu Lingxiong氏は、グループとチャリティ特別基金を代表して、被災地に200万元と100万元以上を寄付。
    2012年6月、Yu Lingxiong氏は長江中学校に100万ドルを寄付して「Gathering・Yu Lingxiong」奨学金を設立し、業界初の企業教育基金を設立。
    2014年7月、Yu Lingxiongは中国社会福祉財団から名誉理事会を受賞し、中国社会福祉財団の設立以来最初の「名誉理事」に。
    2014年9月、Yu Lingxiong氏は広西衛星テレビの「一等書記官」プログラムに招待され、その場で1,000万ドルを寄付。
    2015年4月、ネパールでマグニチュード8.1の地震が発生し、Lingxiong Great Love Charity Fundらが、ネパールの地震被災地で国際的な人道支援を開始。
    2016年1月、Yu Lingxiong氏は、第5回「中国チャリティーフェスティバル」で「2015年公共福祉士賞」を受賞しました。

    社会活動

    2013年、Yu Lingxiong氏は元GE会長のジャック・ウェルチを招待しました。ウェルチ氏は同じ段階でスピーチをした。
    2015年5月2日、バフェットの2015年株主総会であるYu Lingxiong氏は、バフェットから個人的にインタビューを受け、バフェットはチャリティー分野で良い結果を得るために、Yu Lingxiongに個人的に時計をプレゼントしました。
    2015年9月18日、Yu Lingxiong氏は上海のウォール街の伝説的なジム・ロジャースのプライベートパーティーに招待されました。
    2016年4月、Lingxiong Daaiチャリティ財団が発足。この財団は、Yu Lingxiong氏によって設立され、中国民事部と上海民事局によって承認された。
    2016年6月、Yu Lingxiong氏は金融メディア「21世紀ビジネスレビュー」の表紙担当者になり、最近、雑誌の表紙に個人的なイメージで登場した数少ない中国の起業家の1人に。
    2016年7月、Zheshang Industrialは2016 China China Summit Forumを開催しました。YuLingxiong氏は、ほぼ100人の中国の業界リーダー、1,000人以上の起業家、世界トップの金融メディアと交流し、共有し、統合と統合の基盤を築いた。
    2016年8月、Yu Lingxiong氏は、Fortune誌の中国版の編集長であるZhang Yiwen氏との独占インタビューを受け入れ、成長、発展、人を横断する方法について話した。

    いかがでしょうか。わたしは「とても著名な人なんだなー」という印象を持ちました。

    彼は、

    • カンボジア政府にコネを持ち
    • 中国人投資家からの人望もあり
    • CIFグループが持つ強みも吸収した

    と、まさに快進撃続きです。

    そんな彼と、彼の運営するYouBankを信用してか、YouBankにはどんどん資金もユーザーも流れ込みます。

    もっとも、日本でもGacktが手掛けるスピンドルコインは目も当てられないくらい暴落してるので「著名人だから良い」なんてことはまったく無いですが、少しばかり心が揺れました。

    口座開設数1800万突破!並ぶウォレット無し

    2019年10月24日現在、ユーバンクの口座開設数は1800万人に達したそうです。

    世界一の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」の会員数1000万人を超えています。

    厳密には複数アカウントもあると思いますが、日本人口の2割近くがアプリ登録していると考えると、驚かずにはいられません。

    「ユーザー数が多いのは果たして良いことなのかどうか?」ですが、個人的には会社に体力があるなら良いことだと思っています。

    実はもともと、「1000万口座に達した時点で配当を終了する」予定だったそうです。

    実業やYouBankが好調だったとしても、会社の体力を超える資金流入があれば配当を出すことなどできませんよね。

    およそ1000万口座までなら、YouBankの資産運用の結果で損失が起きても、他事業の利益で補填できる範囲内であると考えていたそうです。

    しかし、実際に運営をしてみると想定よりも堅調に事業が進み、現在の試算では5000万人まで拡大しても運営が続けられる結論になったと聞いています。

    亮平
    亮平
    っていうか資金流入と配当払い出しのバランスを語るなら、口座数じゃなくて資金総額で話さなきゃいけないのでは・・

    本当に本当に5000万ユーザーも支えられるの?

    YouBankに5000万ユーザーも支える体力が本当にあるのか疑問でした。

    だって、5000万人が10万円ずつ資金を入れていたら総額5兆円です。

    5兆円の運用に対し、YouBankは毎月6〜20%の配当を払い出さなければなりません。

    5兆円の月利8%払い出しだとしても、毎月6500億円もユーザーに還元しなければならないんですよ。

    はっきり言って非現実的すぎます。

    ちょっとにわかには信じられませんよね・・・

    例えば、純資産を9.2兆円持つ京都銀行の四半期純利益が、98億円ほどです。(京都銀行 2020年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

    これについては日本トップも大いに疑問があり、YouBank陣営に多くの質問をぶつけたそうです。

    それに対する回答は、以下のとおりでした。

    • 「YouBankは保有資産が莫大なため、翌日に全員資金を抜いても潰れることはない」
    • 「万が一のことがあっても飛ぶ(逃げる)のではなく、月利を1%に落としてでも運営を続ける」
    • 「YouBankは10%の運用損が出た時点で運用を停止し、ユーザーの資産を保全する」→(10%の損は誰がかぶるのですか?)→「実はYouBank側から10%多く運用資金を入れている。これにより10%の損失までならユーザーの資産は毀損しない」

    以上のように豪語しているそうです。

    わたしがYouBankに直接問い合わせたわけではありませんが、信頼ある日本トップの方がそう確認したのなら、信頼性はなかなかあるのではないかと考えています。

    世界初、デビットカード発行&出金が可能

    これまで、あらゆるウォレットが「デビットカードの発行」を約束していました。

    MasterCardブランドで、ウォレットから直接お店での支払いができたり、ATMで現金を下ろせるなど便利なカードです。

    しかし、その約束が果たされたウォレットは1つもありませんでした

    いろんな事情があるのでしょうけど、このウォレット業界は嘘で塗り固められていると思って差し支えありません。

    しかしそんな中、YouBankは中国&日本でデビットカードの発行&ATMで現金引き出しの確認ができています。

    https://twitter.com/GAHAKUnandna/status/1145585349311131648?s=20

    https://twitter.com/kmk24uw_love/status/1187652251151503363?s=20

    出金停止無し、爆速で着金可能

    YouBankはただの1度も出金停止したことはなく出金申請も爆速で着金するそうです。ここ大事なところですよね。

    亮平
    亮平
    逆に爆速じゃなくなったら撤退タイミングと言っていいかも・・・

    以上のようにYouBankは約束を守るウォレットとして、投資家のあいだで話題です。

    なるほど、道理で色んな方面からYouBankの名前を聞くわけですね・・・

    まとめ

    いかがでしょうか、

    • ユーリンショウ氏の実績
    • CIFグループの魅力
    • 口座開設数1800万人超え
    • ウォレット業界初の「デビットカード発行」

    といった点で(決してYouBankを特別扱いするわけではありませんが)ウォレットとして一定の魅力があります。

    またYouBankは紹介者に入る報酬を参加者に還元する仕組み(アップの配当の一部がダウンに入る)を初めて採用したウォレットでもあります。

    詳しくはYouBankの基本情報記事をご覧ください。

    【YouBank基本情報】ユーバンクウォレットの概要と魅力を一挙紹介!

    配当型ウォレットにリスクは付きものです

    わたしは配当型ウォレットに関しては「早期参入、早期撤退」を推奨しています。

    ですから「YouBankは例外ですよ、今からでも遅くないですよ」などと煽るつもりはありません。

    でも、もしこれらYouBankの事業に共感して、「このウォレットはまだ行ける」と判断された方は、登録してください。

    スルーも賢い選択肢です。

    いい話もたくさんありますがこれは配当型ウォレットです。リスクがあることを忘れてはいけません。

    著名な人物が手掛ける事業とはいえ、失敗する可能性はあります。配当が止まる可能性もあります。出金不可になる可能性もあります。

    • 投資は余剰資金で参加すること
    • 原資抜きを最優先とすること

    これらのルールは絶対遵守してください。

    亮平同様に参加を考えられた方は、次の記事もぜひご覧ください。

    【画像付き】初めてでも安心!YouBank(ユーバンク)簡単登録マニュアル

    【画像付き】配当開始まで行ける!YouBank(ユーバンク)入金・運用マニュアル

    【YouBank基本情報】ユーバンクウォレットの概要と魅力を一挙紹介!

    【YouBank徹底調査】に投資する価値はあるのか?詐欺の可能性は?

     

    (期間限定レポート)YouBank(ユーバンク)ウォレットの「付け方」を全公開します

    このレポートを読まずに、お金を入れてはいけません。

    ユーバンクウォレットは配当・報酬体系が少し複雑です。

    計算が大変ですが、実は収益を倍増させる方法があります。

    他のウォレットと異なり、運用報酬・紹介報酬ともに絶妙なバランスで作られていますので、これまでのウォレットと同じ配置方法では損をする可能性があります。

    限定レポートでは、あなたの投資額と紹介者の有無に応じた最適なアカウントの付け方を公開しています。

    特典レポートを希望の方は、ユーバンクウォレットを亮平経由で登録してください。まずは登録だけでOKです。

    【ユーバンクの始め方はこちら】登録マニュアル
    紹介コード w5faNOo


    のちのち一般公開をしますので、先行者利益を狙いたい方は亮平経由でユーバンクウォレットに登録し、ニゲドクVIP-LINE
     

    ユーバンクート希望」+登録したユーザー名もしくはメールアドレス・電話番号

    を送信してください。

    正直に言うと、この内容を公開すれば、わたし自身の紹介者報酬が下がってしまう可能性がございます。ですがその分、あなたの配当収入を劇的に高めてくれる登録方法となっています。

    11月現在、この提案をしているサイトは他にありませんでした。ご興味のある方は最初から最後までじっくりとお読みください。

    「なぜ自分の報酬が下がることを紹介するのか?」と聞かれますが、全国退職者支援会やYouTube、ブログでわたし渡辺亮平の生き方に共感していただいた方への、感謝のしるしです。

    もちろん亮平経由で入ってくれた方には無期限サポートを行いますので、ご安心下さい!

    ニゲドクVIP-LINEで「ユーバンクレポート希望 ユーザー名」を知らせて、レポートを受け取る