【はじめての方向け】RINOってなに?RINOの何が良いの?

こんにちは。

渡辺亮平です。

世界初となる『価値が上がり続けるデジタル決済RINO』が日本に上陸しました。

今回は「はじめに」の部分として、
RINO(リノ)ってなんなの?という部分を
亮平なりに、平坦な言葉で解説します。

RINO公式サイト

オフィシャル
https://rinoplus-inc.com

情報発信サイト
https://rinoofficial.tumblr.com/

取引所
http://www.rinoc.cc/

ご注意

RINOは「仮想通貨」として紹介されているサイトなどがありますが、仮想通貨ではありません。似ている部分もあるかもしれませんが、まったく異なるものです。

INDEX
  1. RINO(リノ)ってなんですか?
  2. RINOは上がるか下がるかの投資じゃありません
  3. RINOの価値が下がらないのはなぜ?
    1. どこの保険会社と提携してるの?
  4. RINOはどうして立ち上がったの?
  5. おわりに
  6. 追記:限定セミナー日程が発表されました

RINO(リノ)ってなんですか?

RINOを説明するのはとても難しいです。

なぜなら、「まったく新しい概念」の商品だからです。

なるべく優しくお伝えしますので、ちょっとがんばって付いてきてくださいね。

まず、ひとつ例えを出しますね。

世の中に「保険商品」ってありますよね?

日本で販売されているのは、
積立の生命保険とか、学資保険とか、養老保険などがあります。

この保険商品を契約したことのある方なら分かると思うんですが、

・最初の1・2年で解約したら掛け金がまったく戻ってこない
・10年後で解約しても掛け金が50〜90%くらいしか戻ってこない
・20年したらやっと掛け金の100%が戻ってくる
・25年したらやっと掛け金の120%が戻ってくる

こんな感じではありませんか?そうですよね?

「保険なんてそんなものでしょう。払ったお金が、緩やかに増えていくものだ」と思いますよね。

でもこれが、もしも、もしもですよ。

・最初の1年で解約しても掛け金が100%戻ってくる
・最初の2年で解約したら掛け金が2倍になって戻ってくる
・最初の3年で解約したら掛け金が5倍になって戻ってくる
・10年で解約したら掛け金が20倍になって戻ってくる
・20年で解約したら掛け金が50倍になって戻ってくる

みたいな商品があったら、どうですか?

面白くないですか?

「そんなことあるわけないよ」って思うでしょうか、それとも

「え!そんな保険があるの?1口入っておこうかな?」って、少しは考えますか?

RINOという商品が「まさにこれ」なのだとしたら、興味が湧きませんか?

さらに衝撃的なことをお伝えします。

「RINOという商品はすでに2018年に販売が始まっていて、わずか半年間で払った掛け金が8倍になって戻ってきている」

という事実があるとしたら・・・

これ、すごく続きを聞きたくなりませんか?

RINOは上がるか下がるかの投資じゃありません

「いやいや亮平さん、“うまくいけばお金が増えますよ”なんていう商品は、昔からたくさんありますよ。RINOのいったい何が新しいんですか?」

おっしゃるとおりです。

「うちの投資信託は成績が良いですよ!1年で利益が50%も出てますよ!」なんていう金融屋さんは世界中どこにでもいます。

でも、株価なんて、いまは良くても将来は下がるかもしれないですよね?

野◯證券の営業マンに、

「そんなに儲かるの?じゃあおたくのところで利益を保証してよ(笑)」

って伝えてみてください。

「いや・・・これは投資なんで下がることもあります・・・」って、営業マンは何も言い返せなくなりますよね。

これマジな話なのですが、
今度はRINO本部の方に「そんなに儲かるの?じゃあおたくのところで利益を保証してよ(笑)」って聞いてみてください。

 

はい、いいですよ(笑顔)

って返ってくるんじゃないでしょうか?

(わたしの予想ですよ!)

投資って、「お金が減るかもしれないし、増えるかもしれない」から投資って呼ばれるんですよね。「資金を投げる」と書いて投資ですよ。

だから、RINOって投資の概念に当てはまらないんです。

RINOがうまくいこうが、うまくいかなかろうが、資産は増えます。これを聞いたとき、わたしは本当に衝撃を覚えました。

「うまくいけばお金が増えますよ」なんていう投資商品とはまるで訳が違うんです。

RINOをご紹介する理由が、すこしはご理解いただけたでしょうか?

RINOの価値が下がらないのはなぜ?

亮平さん、”価値が下がらない”ですって?
それって元本保証ってやつですか?日本では元本保証って言ったら違法ですよね?

ええ、そうなんです。

日本では「元本保証」とは絶対に言ってはいけません。わたしも言ってませんよ。

亮平
亮平
元本保証と言ったら最後、出資法違反で警察に捕まるのが日本の法律ですからね・・・!!!!

わかったわかった。それはわかりました。
でも、RINOの会社が潰れたら、お金は返ってこないんでしょう?
結局リスクはあるじゃないですか!

いいえ、何度でも言いますが、RINOは投資ではありません。

万が一RINO社が潰れても、お金はちゃんと返ってきます。

それはなぜか?

皆さんが出したお金を預けている先はRINOではなく、保険会社だからです。

保険会社だから潰れない?安心だ?
いいえ、保険会社も潰れますよ。

過去に倒産した保険会社の例

・千代田生命
・東京生命
・大和生命 など

でも、契約者の資産は保全されました

なぜなら「生命保険契約者保護機構」をはじめとした、さまざまな契約者を守る仕組みがあるからです。

保険会社を立ち上げるのは、ものすごく難しいです。金融庁と総理大臣の許可がいります。

しかし、いったん立ち上がった保険会社は、絶対的に国に守られます。契約者も絶対に守られます。
だって、それが保険会社なんだから!

どこの保険会社と提携してるの?

なるほど・・・固い商品だということは分かってきました。
ところで、どこの保険会社ですか?どうせ聞いたこともない弱小会社なんでしょう?

10年連続世界No.1の保険ブランドの、あの超大手・保険会社が絡んでいます(汗)

これを聞いたとき、わたしもビビりました。

いろんな取り決めで「具体的な社名は載せられない」のです。ごめんなさい。

ぜひ、説明会で確かめてください。

説明会に行けない方は→亮平の個人ライン@で聞いてくださいね!

誓って言えますが、わたしはわたしの利益のためにRINOを紹介しているわけではありません。この商品が日本、ひいては世界に認知されれば、業界に革命が起きると確信をしているからです。

この概念を理解していただける投資家の方が、残念ながらまだまだ少ないんです。「リスクのない投資なんてありえない。詐欺だ!」ってね。

亮平
亮平
いやいや、だから投資じゃないんですってば。日本の保険商品も20年待てば元本120%になって戻ってくるじゃないですか。

だからわたしは代表から、『RINOのビジョンを、正しく世の中に普及して欲しい』と、直接託されています。

ニゲドクをご愛読いただいている皆さまなら、RINOのすごさを、分かっていただけますでしょうか?

RINOを持つ・持たないの判断は、後で大丈夫です。

だけどどうか、一度はセミナー会場に足を運んでいただきたいんです。

そこで「亮平さん経由で来ました〜」って言ってみてください。びっくりされますよ!

RINOはどうして立ち上がったの?

なんだか、ようやくRINOの面白さが分かってきた気がします。
でもどうして、RINOっていうのが立ち上がったのでしょう?

ある話をしましょう。

これは、代表から直接聞いたお話です。

大昔から存続しているヨーロッパの貴族・王族って、どんな暮らしをしてるかご存知でしょうか?

そりゃ立派な暮らしをしてますよね。
なのに、労働もしていませんし給料も貰っていません。

ではなぜ働いていないのに豪邸があって、贅沢な暮らしができるのでしょう?

実は・・・ここにも険が関係しているんです。

祖父の代の、さらに祖父の代、そのまた更に祖父の代から、保険が受け継がれてきているんです。

現金でも金銀財宝でも建物でもないですよ、保険が受け継がれてるんです。

例を出します。

30年間で資産が2倍になる保険」があるとしましょう。保険商品としては一般的な増え方だと思います。

こんな感じで資産が増えますよね。

資産推移1.

(1900年)1億円
(1930年)2億円
(1960年)4億円
(1990年)8億円
(2020年)16億円

ではこの保険が、30年ごとに次の世代へバトンタッチされるとしましょう。

次の世代が5000万円ずつ切り崩したら、どうなるでしょうか?

資産推移2.

(1900年)1億円
(1930年)2億円→1億5000万円
(1960年)3億円→2億5000万円
(1990年)5億円→4億5000万円
(2020年)9億円→8億5000万円

な、なんと1世代あたり5000万円を使っているにもかかわらず、資産が増えながら次の世代へバトンタッチされています!

だから市民と違って、貴族は貴族であり続けられるんですね。

亮平
亮平
5000万円欲しいです

上記の「30年で資産が2倍になる保険」という例ですが、文字どおり株でも投資でもなく保険です。保険ということは、未来永劫、資産は守られます

なんとRINOは、このスキーム(仕組み)をうまく取り入れて、貴族でも何でもない私たち市民にも実現しようとしています。

代表はこれを「資産の細分化」と言っています。

「わたしたちの手にも届くように」という思いが込められているのでしょうか。

そしてこれは
決して夢物語ではありません。

次のオフィシャル動画をご覧ください。

おわりに

「次の世代に資産を繋ぐ」コンセプトを動画にしたのが、こちらのRINOオフィシャル動画です。

RINOって”サイ”という意味なんですって。

どうですか?

これまで常識とされていたことに、革命が起きる予感がしませんか?わたしはすでに、ワクワクしてます。

以上が、「RINOの入門」でした。

「デジタル決済の”決済”の部分ってなに?」などいろいろ疑問があると思いますが、ぜひセミナーで納得いただけると幸いです。

今後とも、貴重な情報が入り次第、優先配信いたします。

亮平の個人ライン@を登録する

追記:限定セミナー日程が発表されました

いよいよ日本でも、セミナーがスタートしましたね…

興奮します。

【セミナーは予約必須です!参加ご希望はこちらの予約フォームを必ずお入れ下さい!】

→リノセミナー予約フォーム

【東京セミナー日程】

7/14日曜日

定員 25名

13:00 開場
13:30 スタート
15:00 終了
※15:30までに退室必須となります。

二部制になりました

15:15 開場
15:30 スタート
16:45 終了
※17:00までに退室

場所
東京都千代田区神田岩本町1−1 7階 74号室
※一階がデイリーヤマザキ、マツモトキヨシの建物になります。
※エレベーターは奥の高層階向けの物をお使いください

都営新宿線 岩本町駅から徒歩2分
東京メトロ日比谷線 秋葉原駅から徒歩3分

*ドリンクのご用意が御座いません。ご来場者様各自でご用意ください。
*定員になり次第締め切らせていただきます。
*開場以前にお越しいただいても入室ができません。ご注意ください。

*参加費 500円 (恐れ入りますが会場費をお願い致します。)

【東京セミナー日程】

2019年7月17日

19:30-21:30

場所
ルノアール新宿区役所横店3号室

※定員13名 参加費:1,000円(ドリンク代込)

ご面倒かけますがこちらのフォームも併せて送信お願いします→https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfZltQCxIpUU-GiWxF6U0JULudnYeComMjCwe8kPMnQBxFIFw/viewform

【東京セミナー日程】

2019年7月24日

19:30-21:30

場所
ルノアール新宿区役所横店4号室

※定員15名 参加費:1,000円(ドリンク代込)

ご面倒かけますがこちらのフォームも併せて送信お願いします→https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfZltQCxIpUU-GiWxF6U0JULudnYeComMjCwe8kPMnQBxFIFw/viewform

【東京セミナー日程】

7/28 日曜日

定員 25名

13:00 開場
13:30 スタート
15:00 終了
※15:30までに退室必須となります。

二部制になりました

15:15 開場
15:30 スタート
16:45 終了
※17:00までに退室

場所 東京都千代田区神田岩本町1 7階 74号室
※一階がデイリーヤマザキ、マツモトキヨシの建物になります。
※エレベーターは奥の高層階向けの物をお使いください

都営新宿線 岩本町駅から徒歩2分
東京メトロ日比谷線 秋葉原駅から徒歩3分

*ドリンクのご用意が御座いません。ご来場者様各自でご用意ください。
*定員になり次第締め切らせていただきます。
*開場以前にお越しいただいても入室ができません。ご注意ください。

*参加費 500円 (恐れ入りますが会場費をお願い致します。)

【大阪セミナー日程】

次回未定

 

お約束

【予約必須。参加ご希望はこちらの予約フォームを必ずお入れ下さい!】

→リノセミナー予約フォーム

【RINOは現在、1口10500ドルでお買い求めいただけます】

【RINOセミナー入室時は秘密保持同意書をご記入いただきます】

亮平の個人ライン@で話しかける

リノ購入申込みフォームはこちらです