【日本語訳】NERAEX(WOEX)取引所がWoTokenを買収したニュース

この記事は2019年4月19日に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

こんにちは。

渡辺亮平です。

http://xiaoying.tv/v/zfn5Ts/1に2018年11月、WoTokenアジア太平洋事業本部長のGrayが「WoTokenのグローバル事業を正式に開始」したことを発表する動画がありました。
日本語訳で共有いたします。

INDEX
  1. Gray氏の発表
  2. 感想

Gray氏の発表

Hello I’m gray the marketing director of asia pacific marketing
こんにちは、私はグレイ。アジア太平洋事業部のマーケティングディレクターです。

We already accepted the acquisition and business restrictions of WoToken by Japanese Neraex
日本のNeraex取引所によるWoTokenの買収および営業上の制限はすでに承認しました。

We officially launched the operations of WoToken in the global world
世界的にWoTokenの事業を正式に開始しました

At the same time,we will increase the application of blockchain scenarios,
同時に、ブロックチェーンのシナリオ、デジタルファイナンス、

digital finance, blockchain venture capital and other areas of blockchain capital distributions.
ブロックチェーンのベンチャーキャピタル、その他のブロックチェーンの資本配分の分野での応用も拡大します。

We will create a diversified ecosystem of blockchain finance.
私たちは、ブロックチェーンファイナンスの多様なエコシステムを作ります。

We’re going to surprise you with banking and international tourism
私たちは銀行業と国際観光であなたを驚かせるつもりです

and we’re going to benefit you with AI intelligence and big medical data.
そしてAIの知能と大きな医療データであなたに恩恵をもたらすでしょう。

Our aim is customer first ,safety first!
私たちの目的は、お客様第一、安全第一です!

We will always keep this principle.
私たちは常にこの原則を守ります。

感想

WoTokenは発足当初から安全第一を打ち出しているのかが、うかがえます。

「配当の払い出しが多い分、会社が飛びやすいんじゃないの?」という疑念を払拭させる内容を強調していることがわかりますね。

WoTokenはこの後2019年にあったリーダー会議でも月間収益58%を上げていることを明かしています。

頼もしいと思ういっぽうで、どれだけカスタマーファースト、セーフティファーストを打ち出しても、ダメな時はダメになるのも企業であるということは頭の片隅に置いておきつつ、冷静な投資をしましょう。

と、いいながら亮平はWORの枚数を集めまくっています。

WoTokenの将来が非常に楽しみです。