0/100

努力って何だろう?

  • 55pv

努力にもいろいろあるじゃない?

  • 「努力した人だけが結果を出せる」とか
  • 「無駄な努力」とか

努力って一体、何なんだろうね?

世の中はがんばった人が報われる世界なのかな?たぶん、違うよね。

泥臭い努力をしてる人って「結構いない」し「結構いる」

努力に見合った結果を貰えてる人って、どれくらいいるんだろう。

努力にはベクトルがあるんだろうか。

そりゃ確かに、フルマラソンを逆走したら、いくら「走る努力」をしたって「無駄な努力」だ。

努力って一体何なんだ!

INDEX
  1. ひとつの答えはこれ
  2. 大きな目標からじゃなくていい。小さな目標から

ひとつの答えはこれ

努力って、

「できなかったことを、できるようにすること」

だと思う。

この考え方って個人的に結構しっくり来るんだよね。

「できなかったことができるようになった」行動を「努力した」と呼ぶようにして、

「できないことができないままだった」行動を努力と呼ばないようにすると、人生の向かう先に迷ってる人は、救われるんじゃない?

例えば・・・

  • カナヅチが週1でプールに通った

→努力じゃない

  • カナヅチが週1でプールに通い泳げるようになった

→努力した!

  • 関西人が、発音辞典を全ページ読んだ

→努力じゃない

  • 関西人が、発音辞典を読み、標準語を話せるようになった

→努力した!

とか。

大きな目標からじゃなくていい。小さな目標から

以前も言ったように、俺はスモールスタートが好きです。

大きすぎる目標だと挫折しやすいので、小さなステップを踏んでいくのがいいかなって思います。

  • お芝居の勉強をしたが、プロになれなかった

→「無駄な努力だった」と結論付けるのではなくて、「まずは小さな公演まで出てみる」まで努力してみる
→「お芝居仲間みんなにウケてもらう」というお芝居まで努力してみる

  • カナヅチが週1でプールに通うが泳げるようにならなかった

→「まずは浮けるようになる」ところまで努力してみる
→「まずは顔を水につけられる」ところまで努力してみる

大目標の前には中目標があって、
中目標の前には小目標がある。

しかも、「数値で見える結果」があるとなお良いと思う。

この記事を書いている人

渡辺亮平

ニゲドクの管理人「渡辺亮平」と申します。本業は退職者の支援。一方で「勤める」ではない新しい働き方を追求しています。

亮平の個人アカウントの登録はこちら

最新情報は、常にこちらでつぶやいてます!

LINEで友だち追加